プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

管理人にメールする

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --  |  comment --

PAGE TOP

エチオピアの大晦日は行き当たりばったり 

エチオピア暦の新年はグレゴリア歴の9月11日。

先日エチオピアでは2005年の新年を迎え、それ以外は特に変わりない毎日です。

そんな年越しの大晦日、2004年13月5日。エチオピアでは1月から12月まで30日ずつ。13月が5日あって1年365日なのです。

大晦日はメラウイから36キロ離れたエチオピア第2の都市バハルダールで同僚と市場をぶらぶらしてみたり、正月を迎える買い出しを手伝ったりとスローな日をおくっていました。

そんな昼下がり、市場の脇を歩いていると2人のおばさんが僕の同僚に声をかけて来ました。

「彼はアムハラ語がしゃべれるのか?」

と。僕自身その言葉を聞き取り理解出来たのですが、たまに知らん人に絡まれたりするのでなんのリアクションも取らずに同僚の受け答えを聞いていると、おばさんAが言い放った驚愕のセリフが僕の耳に飛び込んできました。

「私たちはバハルダールFMのスタッフで、今から生放送でインタビューに答えてもらいたいんだけど大丈夫?」

僕ではなく同僚に突然僕のラジオ出演交渉を始めたのです。

おい、おばさん。俺がしゃべるんだ。俺に聞け。

同僚も驚いて僕にどうするか聞いたからさあ大変。おばさんAは同僚との会話を遮って僕に一言。

「サラームノ?ウンクワンアデラサン!」
(どうも、こんにちわ。祝日おめでとう。って感じの意味。)

どうやら僕のアムハラ語力を試すテストのようだ。抜き打ちテストに緊張した僕はいつも普通に受け答えしてる内容にも関わらず少したどたどしくなってしまった。辱めやがっておばさんA。なかなか手強いな。

そんなこんなでテストも終わり、また同僚と話し始めた。時間があるなら出演してもいいかと思い同僚に出演OKの意思を伝えた。それと同時におばさんA・Bにある一つの条件をだした。

「ある程度のアムハラ語ならわかる。しかし難しい文法を使われるとわからないから簡単な言い方で頼む。」

生放送でどれだけの放送時間があるのかもわからない。返答につまったり見当違いの事を話したら恥ずかしいし、第一放送事故にでもなったら大変だ。

ラジオ好きの僕だからこそ出来る配慮だったと思う。

おばさんAが電話をかけ、何やら話している。局にかけているようである。ロケのスタッフでも呼び寄せているのかと思っていると、おもむろに同僚に携帯電話を向けて何やら話している。

同僚の少し緊張した顔、おばさんAのさっきまでになかったハキハキした口調。

すべてを悟った。

「放送始まった…。」

同僚のしゃべってる事があまりわからなかったのは久しぶりだった。質問の文法も、答えも今まで聞いた事がない程高度なものであった。

「こんな質問来られてみろ…まったく返せないぞ…。」

僕の顔色はほぼ白だったであろう。

おばさんA改め街頭レポーターの女子アナは僕の紹介を始めた。

意訳を含む
「ここでもう1人、外国人の方にも聞いてみたいと思います。お名前を教えて下さい。」

こんなもの簡単だ。少し緊張が和らいだ。しかし次の質問からは、まったくどう答えたらいいかわからない。
どうやらエチオピアに来てどのくらい経つのか的な質問のようだが…


めっちゃ文法むじー…。


今まで何千とこの質問を聞きその度に難なく答えて来たが、わかんなかったのは初めてだった。だいたいこんな感じだろうと適当に予想して答えた。すんなり次の質問が来たのであっていたのだろう。

しかしこのあとからの質問はめちゃめちゃ難しくて本当に理解に苦しんだ。

去年のエチオピアの新年は今年と比べてどうだった。
今年の新年はどうだ。
エチオピアの新年をどう思うか。
エチオピアの文化をどう思うか。
新年を迎えるエチオピアに一言。

の“ような”質問だったように思う。あくまで予想。そしてその予想に乗っ取り聞こえなかったふりを交え時間稼ぎをしながら回答した。もうどんな事を言ったのかはあまり覚えてない。緊張ではなく焦りで。

女子アナはありがとうと伝えスタジオにお返しします的な事をいい、インタビューを締めくくった。

終って電話を切って何事もなかったかのようにサラッと挨拶をして、おばさんA・Bは町に消えて行った。


めちゃめちゃ貴重な経験にはなった。

だが!おいバハルダールFM!俺がいなかったらどうしたつもりだ!全然アムハラ語ダメだったらどうしてたんだ女子アナのおばさんA!

そして何より放送時間ぎりぎりに行き当たりばったりでインタビュー相手を探すな!考えられんわー。

インタビュー後、同僚とこの件について話した。どうやら僕の回答は間違ってはいなかったようだ。よかった。
そしてバハルダールFMはローカル局だから聞いてる人はいないよとの事だった。少しほっとした。

その後自分の家に帰る途中知り合いに、「ラジオ聞いたぞ!」と言われて赤面したのは言うまでもない…もー!エチオピア!

ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

Jah Lude---!!! 

ジャールーーードゥ!!!!


あー何回思い出してもあの思わせぶりな司会者腹立つ。


このブログだいぶご無沙汰だな。前書いたのからもう2ヶ月。早かったなー。


特に年度終ってからここまで1ヶ月。先輩の報告会見送り隊員総会等々。旅行もしました。それはまた今度。


で、このジャルドゥ。今エチオピアで超人気のレゲェシンガーなんですけどもね。


デビューしたてでいきなりアルバムめっちゃ売れちゃってライブをするってことになったのが事の発端。


エチオピアの歌手がライブするってほっとんどないんじゃないかな。少なくともここ1年半では聞いた事ない。


田舎に住んどいて自分目線で言われてもなんですけどもね。まーでっかいライブをやりますよってポスター見つけて、


じゃー行ってみるかってことになって行ったんです。7月7日だったかな?



このジャルドゥ、実は僕自身結構好きでCDも買ったんですね。結構楽しみにしてたし。





会場7時。ジャルドゥ出てきたの11時半すぎ。





前座なっがー。


出てきた頃にはもうハンズアップも出来ずにかろうじて動く膝を上下してレゲェのノリだけは保ちました。


むしろ前座何人かいた中のしらねぇおっさんのがジャルドゥより長い事出てたし。


また出てきますみたいなかんじで言ってたけど待ってても何時になるかわかんないし1時頃開場を後にしました。


レゲェのスーパールーキージャルドゥを持ってしてもエチオピア人気質は変わらないんだな。


前座を死んだ目で見てる時に思い出したのは、田舎町の高校のなっがいなっがい職員会議だった事は言うまでもありません。


無駄は省こうエチオピア人よ…


ま、何時までやってたのかは知らないけど、300ブルで6時間以上ライブでどんちゃん出来るなら安いんじゃないですかね。


ちゃんちゃん。

[edit]

PAGE TOP

11ヶ月で見えてきたこと 

エチオピア派遣の協力隊ブログがあります。ここに僕も投稿させてもらってるので、こちらも是非読んでみてください

ちょっといいこと書いたと思います。笑

11ヶ月で見えてきたこと↓
協力隊 in エチオピア

ちゃんちゃん。

[edit]

PAGE TOP

日本代表対エチオピア代表 サッカー親善試合 

もうかれこれ1週間前の話。
エチオピアはドルベテスタジアムで日本代表対エチオピア代表のサッカー親善試合が行われました。

聞いてないぞそんな話!まさかザックジャパンがアフリカで試合なんて!ってな誤解をするなら10秒だけ時間をあげます。その後の苦情に関しては一切受け付けません。

ドルベテと言う町で活動する体育隊員の指導するフットボールクラブの練習試合相手を近所の町に住んでる日本人が買って出たというだけの話です。

ただ、言ってるだけなら簡単ですが、ここまでの形に持ってきた隊員の努力や苦労は計り知れない物があります。このブログを日本語で書いていると言うことから、僕のブログを読んでくれている人はほぼ日本人でその多くが日本に住んでいるだろうと想定して言わせてもらえば、

日本人ごときの発想で彼の努力を想像出来るか!



このブログで初めて字を大きくしてみました。僕の気持ち伝わったでしょうか?

ほんとにすごいことなんです。

少し彼の紹介をさせていただきます。

石部隊員。24歳独身。青年海外協力隊22年度1次隊としてエチオピアに派遣され、ドルベテと言う町の高校で体育の指導を担当。学校での体育指導と平行し地元の9年生から12年生の生徒を集めサッカーチームWe are the world FCを発足。数々の苦難を乗り越え試合が出来るほどのチームを作り上げる。

↓詳しくは彼のブログを参照してください。↓
For the children of the world~スポーツは世界を救う~

本当に彼の努力や行動力には感心させられます。ブログ読んだらわかると思います。純粋さ秀逸です。是非。

話は戻りまして親善試合です。

僕は初めての代表招集でしたのでかなり気合いを入れ、チームジャパンとして戦う闘志を表すことは出来ないかと考え、左胸に日の丸を掲げたシャツを着ました。

いざ会場に到着。僕は日本人の中で最後に到着しました。エチオピアの交通事情による遅れでしたので仕方ありませんがどう言い訳しようなんて考えていました。(交通事情はいつか怒りが爆発した時に書きます。)
すると目に飛び込んで来たのはまさかの光景!

th_P1020887.jpg

僕以外みんなエチオピアカラー…

日本代表としての自覚とプライド!ないんかい…

エチオピア人の生徒たちはまさかこんな高価なユニフォームを準備することは出来ません。おのおの青っぽいシャツを準備してました。

それにしても日本代表が相手国のカラーをまとうだなんて考えられますか?!

まぁいいです。
そして試合が始まります。その頃には立派なギャラリーが!

th_th_P1020921.jpg

こんなギャラリーの中スポーツをしたのは久しぶりでした。正直ちょっと気持ちよかったです。

いざキックオフ。
いきなり1点献上…まさかの。

実はみんな結構なめてました。エチオピア人は黒人だからといってみんながみんな運動神経がいいだなんて思ってませんか?そんなこと誰が決めたんですか?

確かに身体能力は高いしそれなりに運動神経はあります。ポテンシャル自体は高いです。
でも!ここの教育で体育が重要だと言う概念は非常に低い。故に小さい頃から運動に触れる機会が非常に少ない。そしてボールや運動器具がほぼ皆無。と言うわけであんま運動出来ないんです。知識も少ないし見てても目を覆いたくなるようなことだらけです。

そんな中の先制点献上。これはかなり痛手でしたー。

みんなの気持ちが折れかかっているところにまさかまさかの追加点。これで2-0。

そして前半終了。僕はベンチに下がりながら思い出しました。


「エチオピア人やったら出来るんだった。それは運動だけじゃないはず。」


各所で憤りを感じるエチオピアの光景。しかしこういうところでエチオピアのポテンシャルを見るとエチオピア人にはもっと頑張って欲しいと思います。そして自分の活動にも何かヒントになる部分はあると感じました。関係作り、チームコーディネート、何か教わったような気がしました。

しっかりパスを回したりポジションを考えたりしているエチオピアのサッカーチームを初めて見ました。エチオピアアマチュアサッカー界でのヒーローは、ボールに突っ込んでいくやつ、ボールを強く蹴れるやつ、シュートを枠にいれられるやつという感じで組織やチームプレーはほぼありませんので。僕も素人ですが、自分がエチオピアで見たアマチュアサッカーチームで一番だと思います。

後半。僕はもう一つ思い出しました。


僕ら日本人は現役引退からもうずいぶん経っている。


今回招集された日本代表は体育隊員だけではありません。理数科隊員、PCや機械関係の隊員もいます。むしろ半数が運動からかけ離れた生活を長いこと過ごして来た人たちでした。

かく言う僕も、正直チームに所属していた時以外は自分で体を鍛えよう、走って体力を取り戻そうなんて考えては考えてないふりをしてきていましたし、ましてエチオピアに来てからはよく引きこもってパソコンをいじくったり本を読んだりと…

要するにみんな「休みきった体」で代表戦に挑んでいたわけです。後半の足にキテいることと言ったら…

そんな中、相手チームの創設者、日本代表のエース石部くんのフリーキックが見事に決まり、3-1に!
日本語のヤジも勢いに乗りましたがそれと一緒に調子にも乗ったんでしょうね、

4-1。

ほぼ絶望的です。

ここまで言ってはいませんでしたが僕はこの試合右センターバックを守っていました。要するにディフェンスの超要。そしてすべての失点の5分前に思ったことは、

「きちい。ちょっと休もう。」

でした。ディフェンスってちょー責任重い。

チームのみんな、今まで散々文句言った本当の日本代表のディフェンスラインの皆様ならびにFC東京のディフェンダーの方々、本当に申し訳ありませんでした。

そんな逆境でも諦めない!4-2、4-3と詰め寄り1点差まで追い上げましたが、反撃の勢いもここまで。ゲームセット。

いやーでもほんとよかったと思う。ただ爽やかな疲労感と次のリベンジへのモチベーションを感じつつドルベテを後にしました。

翌日から4日、筋肉痛で変な歩き方をしていて同僚には心配され続け、生徒には笑われたのは言うまでもありません。

ちゃんちゃん。
th_We are the World FC vs JAPAN National Team


[edit]

PAGE TOP

北部旅行 ~世界遺産巡りの巻~ 

先日、4泊5日でエチオピア国内旅行に行ってきました。実はエチオピアは、7つの文化世界遺産あり、その中でも代表的な3つをこの旅で制覇しようと言う計画。まぁエチオピア内での旅行としてはベタ中のベタなコースです。

まず最初に訪れたのは、ティグライ州アクスム。

ここにはステッレという塔が点在しています。

こんな感じ↓
th_DSCN4742.jpg

アクスムにはこのステッレがたくさんあります。これらは昔の王様たちの墓だそうです。
(厳密に言うと墓の目印だとか…忘れました。)
それぞれにはいろんな柄が施されていて、それらの多い少ないは当時の権力で違うようです。

結構傾いてます。
th_DSCN4758.jpg

倒れたらこんななっちゃいます。
th_DSCN4730.jpg


次に向かったのは、アムハラ州ゴンダール。

ここはファシル城という城があります。これも世界遺産。

なかなかの迫力で、今回一番のお気に入りの場所になりました。
th_DSCN4796.jpg

ゴンダールは城下町として栄え、今でも町中は人が多いです。

ゴンダール城からほど近いデブラ・ブラハン・セラシエ教会にも行きました。

この教会は天使の天井画で有名です。
th_DSCN4818.jpg

なかなかの見応えで少し怖いけど、見れば見るほどに不思議と落ち着きます。

そして最終地、アムハラ州ラリベラ。

エチオピアの世界遺産で一番有名と言っても過言ではない、ラリベラ岩窟教会群があります。

岩を削って掘り進め、中までくり抜いて作られた教会が11カ所あり、中でも一番有名なのが十字架の教会。
th_DSCN4854.jpg

生で見るとやっぱすごい。中にも入れます。

入る前↓
th_DSCN4867.jpg

協会内は土足厳禁なので脱いで入るんですが、入り口になんやら人が。何だと訪ねると腰低めかつ堂々と、

「シューズキーパーだ。」

と。わけわかんないからとりあえず中へ。数分後出てくるとそろえた靴を差し出してきました。要らんけど一応ありがとうとお礼をして先に進むと、彼は言いました。

「料金を払え。いくらでもいい。」

根性ひん曲がってますねぇ。だってね、教会で靴盗むやつがいます?神様の前で。キリスト教徒じゃない自分ですら教会で盗むとか出来んし。盗んだりしないけど。着目点そこじゃないぞシューズキーパー。仕事探せ。

ま、そんな感じで旅はあっという間に終わりました。もっといろいろあったけど、写真が同期隊員のカメラで取ったものが多いので、機会があったらまた載せます。

ゴンダールよかった。また遊びに行こう。

ちゃんちゃん。

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。