プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

管理人にメールする

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --  |  comment --

PAGE TOP

南部諸民族州の民族たちに会いに行こうツアー 

もうかれこれ2ヶ月も前の話。7月上旬。

先輩隊員後輩隊員交えた計8人で南部諸民族州の民族たちに会いに行こうツアーを敢行。雨季も始まって道のりは険しいだろうという見解も吹き飛ばしてアジスアベバを出発しました。

th_DSC02572.jpg

景色めっちゃよかったです。道中ずっと。最初でこそみんなバシバシ写真撮ってたけど…

移動3時間を越してからは車に乗ると眠くなる病にかかりまして…

どんどん車内からの写真は減りました。

th_IMG_2754.jpg

走れば走る程、民族出てくる出てくる。

とは言ってもだいたいの民族はその辺で売ってる服着てるし、自分の町の子どもたちと遜色ありません。

強いて言えば観光客慣れしていて、外国人が来るとすぐよって来て懐きます。

th_IMG_3246.jpg

3日目に起きたこの旅最大のトラブル。

南部諸民族州の民族たちに会いに行こうツアーのメイン民族と言っても過言ではないムルシ族の村に向かう最中のこと。

豪雨の影響でどっかの水が氾濫、道が封鎖されてました。

th_DSC02621.jpg

ムルシの村に向かうにはここを通るしかありません。

ランクル強行。この川を渡る事に成功し、ムルシにあう事が出来ました。

ムルシは最悪でした。態度が悪くて僕はもう大嫌いです。

そんな帰り道…

th_DSC02718.jpg

増水、そして野宿…

行くも帰るも一本道なので、その日は水の様子を見ながら野宿を余儀なくされました。

ムルシ最低。

下唇を切ってそこにお皿を入れるのがムルシの女性の文化。物珍しさに観光客はこぞってやって来ますが、その事にあぐらをかいて偉そうにしているのは、この旅であった民族中ムルシだけでした。別に観光客が偉いわけじゃないけど、観光資源として売っているにも関わらず仏頂面でいるのはよくないですよ、ムルシの皆さん。僕はこの旅でムルシが嫌いになりました。野宿も手伝って。

th_IMG_2971.jpg

その他は本当に楽しい事ばかり。メンツもほんと面白い人ばかりだし、民族との触れ合いがたくさんありました。

久々に言葉の通じない外国人感を味わって、外国に来ているというのを強く感じました。

th_DSC03114.jpg

最後に行ったこのドルゼ族。僕は今旅であった民族で一番好きでした。

ムルシの反対と言ったところでしょうか。観光客大歓迎。みんな親切、ガイド、ドルゼの主食調理見学、試食、大人、子どもによる伝統舞踊披露まですべて込み込み1パッケージになって一括料金!タクシーや観光ガイドなど、外国人からたくさん取ろうと嘘の値段を言ってくるエチオピア人が多いなか、この民族は本当に親切丁寧で好感が持てました。若干高かったみたいだけど納得して払える金額だったと思います。ナイスドルゼ。


こんな感じ。エチオピアに長めに滞在出来るなら、南部諸民族州の民族たちに会いに行こうツアー、おすすめです。

みんな、ありがとう!
th_DSCN1481.jpg
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://gajumaru42.blog118.fc2.com/tb.php/59-867ba464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。