プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

管理人にメールする

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --  |  comment --

PAGE TOP

エチオピアの大晦日は行き当たりばったり 

エチオピア暦の新年はグレゴリア歴の9月11日。

先日エチオピアでは2005年の新年を迎え、それ以外は特に変わりない毎日です。

そんな年越しの大晦日、2004年13月5日。エチオピアでは1月から12月まで30日ずつ。13月が5日あって1年365日なのです。

大晦日はメラウイから36キロ離れたエチオピア第2の都市バハルダールで同僚と市場をぶらぶらしてみたり、正月を迎える買い出しを手伝ったりとスローな日をおくっていました。

そんな昼下がり、市場の脇を歩いていると2人のおばさんが僕の同僚に声をかけて来ました。

「彼はアムハラ語がしゃべれるのか?」

と。僕自身その言葉を聞き取り理解出来たのですが、たまに知らん人に絡まれたりするのでなんのリアクションも取らずに同僚の受け答えを聞いていると、おばさんAが言い放った驚愕のセリフが僕の耳に飛び込んできました。

「私たちはバハルダールFMのスタッフで、今から生放送でインタビューに答えてもらいたいんだけど大丈夫?」

僕ではなく同僚に突然僕のラジオ出演交渉を始めたのです。

おい、おばさん。俺がしゃべるんだ。俺に聞け。

同僚も驚いて僕にどうするか聞いたからさあ大変。おばさんAは同僚との会話を遮って僕に一言。

「サラームノ?ウンクワンアデラサン!」
(どうも、こんにちわ。祝日おめでとう。って感じの意味。)

どうやら僕のアムハラ語力を試すテストのようだ。抜き打ちテストに緊張した僕はいつも普通に受け答えしてる内容にも関わらず少したどたどしくなってしまった。辱めやがっておばさんA。なかなか手強いな。

そんなこんなでテストも終わり、また同僚と話し始めた。時間があるなら出演してもいいかと思い同僚に出演OKの意思を伝えた。それと同時におばさんA・Bにある一つの条件をだした。

「ある程度のアムハラ語ならわかる。しかし難しい文法を使われるとわからないから簡単な言い方で頼む。」

生放送でどれだけの放送時間があるのかもわからない。返答につまったり見当違いの事を話したら恥ずかしいし、第一放送事故にでもなったら大変だ。

ラジオ好きの僕だからこそ出来る配慮だったと思う。

おばさんAが電話をかけ、何やら話している。局にかけているようである。ロケのスタッフでも呼び寄せているのかと思っていると、おもむろに同僚に携帯電話を向けて何やら話している。

同僚の少し緊張した顔、おばさんAのさっきまでになかったハキハキした口調。

すべてを悟った。

「放送始まった…。」

同僚のしゃべってる事があまりわからなかったのは久しぶりだった。質問の文法も、答えも今まで聞いた事がない程高度なものであった。

「こんな質問来られてみろ…まったく返せないぞ…。」

僕の顔色はほぼ白だったであろう。

おばさんA改め街頭レポーターの女子アナは僕の紹介を始めた。

意訳を含む
「ここでもう1人、外国人の方にも聞いてみたいと思います。お名前を教えて下さい。」

こんなもの簡単だ。少し緊張が和らいだ。しかし次の質問からは、まったくどう答えたらいいかわからない。
どうやらエチオピアに来てどのくらい経つのか的な質問のようだが…


めっちゃ文法むじー…。


今まで何千とこの質問を聞きその度に難なく答えて来たが、わかんなかったのは初めてだった。だいたいこんな感じだろうと適当に予想して答えた。すんなり次の質問が来たのであっていたのだろう。

しかしこのあとからの質問はめちゃめちゃ難しくて本当に理解に苦しんだ。

去年のエチオピアの新年は今年と比べてどうだった。
今年の新年はどうだ。
エチオピアの新年をどう思うか。
エチオピアの文化をどう思うか。
新年を迎えるエチオピアに一言。

の“ような”質問だったように思う。あくまで予想。そしてその予想に乗っ取り聞こえなかったふりを交え時間稼ぎをしながら回答した。もうどんな事を言ったのかはあまり覚えてない。緊張ではなく焦りで。

女子アナはありがとうと伝えスタジオにお返しします的な事をいい、インタビューを締めくくった。

終って電話を切って何事もなかったかのようにサラッと挨拶をして、おばさんA・Bは町に消えて行った。


めちゃめちゃ貴重な経験にはなった。

だが!おいバハルダールFM!俺がいなかったらどうしたつもりだ!全然アムハラ語ダメだったらどうしてたんだ女子アナのおばさんA!

そして何より放送時間ぎりぎりに行き当たりばったりでインタビュー相手を探すな!考えられんわー。

インタビュー後、同僚とこの件について話した。どうやら僕の回答は間違ってはいなかったようだ。よかった。
そしてバハルダールFMはローカル局だから聞いてる人はいないよとの事だった。少しほっとした。

その後自分の家に帰る途中知り合いに、「ラジオ聞いたぞ!」と言われて赤面したのは言うまでもない…もー!エチオピア!

ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://gajumaru42.blog118.fc2.com/tb.php/60-809ac83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【エチオピアの大晦日は】

エチオピア暦の新年はグレゴリア歴の9月11日。先日エチオピアでは2005年の新年を迎え、それ以外は特に変わ

まっとめBLOG速報 | 2012/11/25 09:11

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。